引越しと入院

最初の引越しは妊娠中のことでした。6ヶ月と安定期に入り、順調だった私は特に何も気にすることなく、引越しの準備や新居の掃除に精を出していました。 数日後の検診で主治医に言われたのは「妊娠中毒症」とのことでした。血圧が高くなり、むくみが出てきて、私はその日のうちに入院することに。

それまでとても順調だっただけにショックでしたが、妊娠中は無理は禁物だなと反省しました。 そして、その次の引越しの時。引越の数日前からお腹が激しく痛みだし、あわてて病院に連れて行ってもらったら、「卵巣出血」と言われそのまま入院。 2日ほど入院、幸い出血も止まっている様子だったので、先生に無理を言って退院させてもらいました。

両親もだんだんと高齢になり、手伝ってもらうのも気がひけていたので、自分で全て準備し引越しも終らせるつもりでしたが、なんせ退院しても安静と言われていたので、申し訳ないと思いながら父と弟に手伝ってもらいました。 引越しというと入院する羽目になってしまう私ですが、引越しをするたびに荷物の整理ができているような気がしてなぜか気分がいいのです。